医療安全管理の指針

1.当院の医療安全に関する基本的な考えは、患者さんの人権を尊重し、医療者側の一方的な考えを押しつけるのではなく、十分な説明と同意のもとに患者さんと共に医療を実施し、また地域に根ざした安全な医療を推進します。

2.医療の安全と信頼を高めるため、医療事故防止に関連する情報収集を行い、当院での適切な事故防止方策を組織的に実施推進します。

3.医療安全管理室を設置し、専従の医療安全管理者1名以上を配属。各部門の責任者、医療安全対策委員会、TQM会議、感染対策委員会などと連携し効率的・効果的に機能できるよう、それぞれの役割と責任を明確にしています。

4. 医療安全管理者は、医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理責任者、院内感染管理者および、放射線治療品質管理士とも連携し、医療の質・安全管理に努めます。

5.医療安全対策委員会は、委員会規約を制定し、事故防止、安全対策、実践活動を行います。また事故事例から学び医療の質を向上するために、検討会を開催するほか、他の委員会とも連携し、安全対策活動を行います。

6.現場における医療事故防止について中心的な役割を担う職員として、各部署または部門にリスクマネージャー(RM)を配置し安全活動を行ないます。

7.全職員が倫理意識と安全管理の意識を高めるために、院内研修会や院外研修の報告会を開催し、安全文化の醸成に努めます。

8.再発防止を図るため、RCA(根本原因分析手法)を実施し、根本原因から教育やシステム・管理体制・コミュニケーション・施設設備・マニュアルなどの改善策を検討し、PDCAを回します。

9.重大な医療事故発生時は、当院の総力を結集して患者の救命と被害の拡大防止に全力を尽くします。救命措置の遂行に支障を来さない限り速やかに、患者本人、ご家族に誠意をもって事実を説明します。

2014年2月 改定

京都桂病院

〒615-8256 京都市西京区山田平尾町17番

電話番号:075-391-5811(代表)

アクセス お問い合わせ