地域医療福祉連携室とは

京都桂病院は地域の医療機関(病院や診療所)や福祉施設との連携を通じて、患者さんの治療の継続性を確保し、地域医療の発展を目指します。
医師・看護師・事務職員のスタッフが各医療機関の機能や特色を有効に活用し、地域の皆様により良い医療を提供できるよう、有機的な連携づくりに努めてまいります。

主な事業項目

  • 紹介患者さんのFAXによる事前受付を行います。
  • 紹介状や診療情報提供書を管理し、ご紹介いただいた患者さんの報告が速やかに行われるように致します。
  • 紹介患者さんの外来受診、入院、転科、退院の情報をFAXにて提供致します。
  • 患者さんの紹介受診や入院などについて電話・FAX・電子メールによるご相談に応じるとともにご意見やご要望を承ります。
  • 連携医の先生方の窓口となり連携医制度の運用を行います。
  • 紹介患者さんの病状が安定したら、紹介いただいた医療機関を受診していただくよう連携を図ります。
  • 患者さんの逆紹介を行い「かかりつけ医」制度を推進致します。
  • 継続的看護や介護を要する患者さんの退院後の療養について、情報の提供や調整を行います。
  • 新規入院患者さんの入院調整業務を行います。

※入院の判断は、各科外来担当医、救急担当医や当直医が行いますので各科外来への情報提供をお願いします。