ダヴィンチについて

ダヴィンチ

ダヴィンチとは

ダヴィンチ 手術支援ロボットダヴィンチは1990年代にアメリカで開発された最新の内視鏡手術支援ロボットです。 ロボットといっても、人のような形をしていたり、医師の代わりに手術を自動で行ったりするわけではありません。 手術を行うのはあくまで医師です。医師がロボットを遠隔操作して手術を行います。 ロボット本体と操作台、助手用のモニターなどで構成され、ロボット本体には3 本のアームと1 本のカメラ(内視鏡)が装着されています。 手術を行う医師は操作台に座り、中に映し出される3次元画像を見ながらアームを操り、患部の切除や縫合をします。

ダヴィンチの特徴

ダヴィンチの特徴その1-1 ダヴィンチの特徴その1-2

・ダヴィンチの特徴その1

3次元ハイビジョンによる立体画像術野の確保

従来の鏡視下手術では、2次元の平面画像を見て手術を行っていましたが、ダヴィンチでは鮮明な3次元 画像のカメラで体内を立体的に映し出します。
最大約10倍のズーム機能により、患部を拡大視野でとらえることが可能です。

ダヴィンチの特徴その2

・ダヴィンチの特徴その2

手振れ防止機能による安定した技術

手先の震えがアームの鉗子の先に伝わらないように手ぶれを補正します。高い集中力を必要とする細かな作業でも、正確に操作をすることができます。

ダヴィンチの特徴その3

・ダヴィンチの特徴その3

まるで人の手のように滑らかな鉗子(かんし)

3本のアームの先の鉗子は術者が自由に操作することができます。
様々な形状の鉗子は人間の手と同等以上の可動域があります。

対象症例

手術が必要となるすべての疾患で、ダヴィンチによる手術が行えるわけではありません。
当院では、健康保険の適用がある疾患について実施します。

診療科 実施中 準備中
泌尿器科 前立腺がん 腎がん、膀胱がん
消化器外科 胃がん 食道がん、直腸がん
呼吸器外科   肺がん、縦隔悪性腫瘍、縦隔良性腫瘍
産婦人科   子宮体がん

その他の疾患については、今後対応を検討してまいります。

患者さんへのメリット

患者さんへのメリット

■手術負担の軽減と早期回復

ダヴィンチ手術は開腹手術とは異なり数センチ程度の傷口で済むため出血量が大幅に抑えられ 合併症を最小限で術後の回復が非常に早いのが特徴です。

■より精密な手術が可能

三次元の立体画像で奥行まで確認しながら、人間の手以上の可動域がある鉗子を駆使することで、より精密かつ正確な手術が可能です。

京都桂病院

〒615-8256 京都市西京区山田平尾町17番

電話番号:075-391-5811(代表)

アクセス お問い合わせ