心臓血管センター・内科

診療科の特色

sec08_k03

心臓病は動脈硬化から生じる疾患、弁膜症、不整脈、変性疾患など様々な疾患があります。近年は動脈硬化から生じる疾患が増加しています。血管は体内の臓器に血液を供給している管であり、閉塞したり、破裂すると血液供給が途絶え臓器障害を生じます。心筋に血液を供給しているのは直径約3mmの冠動脈であり、動脈硬化が生じると血管が狭小化します。その結果、心筋への血流が低下し胸の圧迫感・痛み、左腕のしびれ、奥歯の痛みなどの狭心症状が出現します。また、冠動脈血流が突然途絶えると心筋壊死(心筋梗塞)を生じます。急性心筋梗塞の死亡率は約30%といわれており、緊急のカテーテル治療が必要となります。

心臓血管センターはカテーテル治療を専門としており、心臓血管専用のカテーテル検査3室を装備しています。冠動脈疾患では血行再建困難な完全閉塞病変への治療も多数行っています。また動脈硬化は心臓の血管以外にも、頸動脈、鎖骨下動脈、腹部血管、腎血管、腸骨動脈、下肢動脈、静脈疾患など全身の血管治療のカテーテル治療を行っています。下肢壊疽患者さんの治療も形成外科、整形外科と合同で治療を行っています。2013年6月から末梢血管治療に、より適したカテーテル検査室をリニューアルしました。

これまで冠動脈硬化症の診断はカテーテル検査で行ってきましたが、2008年5月からマルチスライスCTを導入し、初回冠動脈検査のほとんどがCT検査にて可能となり、患者さんの負担を軽減しています。

心臓血管病の患者さんに、妥協のない最新・最善の治療を提供します。

不整脈科について

不整脈診療は一般的に難しいものと誤解されています。それは不整脈が発作的に出現し、通常の心電図検査だけでは見逃されてしまうことがあるからです。不整脈診療も他の診療と同じで、まず患者さんのお話しをじっくりと注意深く伺うことが第一歩です。
当センターでは2004年8月より新たに不整脈部門を設け、診療にあたっております。十分な問診に始まり、より専門性の高い検査・治療へとより良い医療を目指しております。心電図検査・各種画像診断・心臓電気生理学的検査等、皆様のご相談にお応えできるよう万全の体制を整え、より正確な診断に努めております。また専門的治療としてのカテーテルアブレーション・植込み式ペースメーカー治療・植込み式除細動器・ペーシングによる心不全治療等の最先端治療体制も誇っています。
常日頃悩んでおられること、疑問に感じておられることでも結構です。いつでもご相談においで下さい。

診療内容

  • 胸痛
  • 胸部圧迫感
  • 動悸
  • 歩行時の下肢痛
  • 背部痛、腰痛
  • 労作時の呼吸困難
  • 失神

教育認定・学会等認定施設

日本循環器学会
循環器専門医研修施設
日本心血管インターベンション治療学会
認定研修施設
日本不整脈学会
認定不整脈専門医研修施設
植込み型除細動器治療認定施設
ペーシングによる心不全治療認定施設

スタッフ

医師名 役職 担当・専門分野 資格など
中村 茂
  • 副院長
  • 所長
  • 心臓・血管カテーテル治療
  • ペースメーカー
  • ICD(植込み型除細動器)
  • 内科認定医
  • 循環器専門医
  • 日本心血管インターベーション治療学会認定医・専門医
  • 心臓リハビリテーション指導士
  • 植込み型除細動器(ICD)治療医
  • ペーシングによる心不全治療(CRT)医
小林 智子
  • 部長
  • 心臓・血管カテーテル治療
  • ペースメーカー
  • 内科認定医
  • 循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定医・専門医
  • 植込み型除細動器(ICD)治療医
  • ペーシングによる心不全治療(CRT)医
舩津 篤史
  • 副部長
  • 心臓・血管カテーテル治療
  • 静脈疾患
  • 心臓病一般
  • 内科認定医
  • 循環器専門医
  • 日本心血管インターベーション治療学会認定医・専門医
溝渕 正寛
  • 副部長
  • 不整脈
  • カテーテルアブレーション
  • ペースメーカー
  • ICD(植込み型除細動器)
  • 内科認定医
  • 総合内科専門医
  • 循環器専門医
  • 日本不整脈学会不整脈専門医
  • 植込み型除細動器(ICD)治療医
  • ペーシングによる心不全治療(CRT)医
田中 真沙美
  • 医員
  • 心臓病一般
  • 内科認定医
伊藤 雄太
  • 医員
  • 心臓病一般
  • 内科認定医

症例

当センターは全身の動脈硬化性疾患に対するカテーテル治療と不整脈のカテーテル治療を中心としているが、心筋症・心筋炎・弁膜症・肺塞栓症・深部静脈血栓症など、多岐にわたっている。

入院総数 34,200件
心臓カテーテル検査
(日帰りカテーテル検査を含む)
23,783件
冠動脈インターベンション 9,865件
末梢血管インターベンション 3,892件
電気生理検査 955件
カテーテルアブレーション 926件
永久ペースメーカー 694件
植え込み型除細動器(ICD) 147件
両室ペーシング(CRT-P) 46件
両室ペーシング機能付
植え込み型除細動器(CRT-D)
90件

(1998年1月より2016年3月)

医療設備

●集中治療室10床 ●一般病床56床 ●日帰りカテーテル検査7床
●心臓血管カテーテル専用検査室3室 ●経皮的心肺補助装置2台 ●大動脈内バルーンポンプ4台
●血管内超音波5台 ●冠動脈内圧測定装置5台 ●64列冠動脈CT装置
●光干渉断層法装置2台