脳卒中センター・脳神経外科

診療科の特色

   2017年4月から新しい脳卒中センター・脳神経外科がスタートしました。

 脳卒中センター・脳神経外科専門医3人が診療にあたります。いずれも豊富な専門知識を持ち、十分な治療経験を積んでいますので地域の皆さんに安全で質の高い医療を迅速に提供できると自負しています。

nosinkeigeka staff

我々は、脳と神経そしてそれらを栄養する血管を侵す疾患に対して最新鋭の診断・治療機器を使用し迅速かつ的確に診断を行います。そして患者さん一人一人にあった方法で治療することにより地域医療に貢献していきます。

 脳神経外科疾患に対する治療は常に進化・発展しています。中でも切らずに治療する方法(血管内治療)はめざましい勢いで発展しています。京都桂病院脳卒中センター・脳神経外科でもその最先端の治療を地域の皆さんに提供するためにフィリップ社製の最新鋭の血管撮影装置を導入しました。被ばく線量と造影剤使用量を大幅に低減させているにもかかわらず、高画質を維持できる装置で、今までにない低侵襲治療を患者さんに提供できる装置です。この最新鋭の血管撮影装置使用し、安全で質の高い最先端の治療を提供します。

nosinkeigeka iryoukiki

直達手術においても最新鋭の手術用顕微鏡やモニターなどを使用し、より安全で効果的な外科治療を心がけます。また単一の方法では治療困難な疾患に対しては複数の方法を組み合わせて治療を行います。たとえば治療困難な脳動脈瘤に対しクリッピング術やコイル塞栓術にバイパス手術を併用するような方法にも十分な経験を積んでいますのでより効果的な治療を行えると確信しています。

 

診療内容

  • 脳腫瘍、顔面痙攣、三叉神経痛、頭部外傷などの脳神経疾患全般にわたり安全で質の高い治療を行っていきます。

スタッフ

医師名 役職 担当・専門分野 資格など
中嶌 敎夫
  • 所長、部長兼務
  • 脳血管障害
  • 脳腫瘍
  • 機能的脳外科疾患
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳神経血管内治療学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本脳卒中の外科学会技術指導医
川端 康弘
  • 副部長
  • 脳血管障害
  • 脳腫瘍
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳神経血管内治療学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
三宅 英則
  • 顧問
  • 脳神経疾患全般
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本脳卒中の外科学会技術指導医

症例

☆脳梗塞

 脳の血管が詰まるため、手足が動かなくなったり、呂律困難や失語(言葉が出なくなったり理解できなくなる症状)などの症状を引き起こす疾患です。当院では発症早期にt−PA(血栓を溶かす薬)を投与し血栓を溶解する方法も可能ですが、カテーテルによる血栓回収術も可能です。また慢性期に、必要であれば脳の血管に他の部位の血管を吻合し血流を増やす方法(バイパス術)も行っています。

☆脳動脈瘤

 脳動脈瘤は、破裂した場合には死亡あるいは重い後遺症を残す可能性が高く、適切な治療が必要です。治療には、手術用顕微鏡で直接クリップをかける方法と血管の中からコイルを詰める方法とがあります。患者さんの年齢、健康状態、動脈瘤の大きさや箇所などにより最善の治療方法を選択します。

 

☆頚動脈狭窄

 脳梗塞の原因となる疾患の一つです。治療には、細くなっている部分の溝掃除をする方法(血栓内膜剥離術)と切らずにステントで細い部分を拡張する方法(血管内手術)とがあります。我々はMRI/MRA、3D-CTA、血管撮影などで精査を行い、狭窄部位の性状をよく調べ適切な治療を選択します。

 

☆脳腫瘍

 我々は脳腫瘍の手術に関しても多くの経験を持っています。患者さん一人一人にあった低侵襲で効果的な治療を心がけます。また当院では手術、放射線治療、化学療法を組み合わせた集学的治療も可能です。

 

☆三叉神経痛・顔面けいれん

 顔に電気のように走る激痛や眼の周りがピクピクする病気です。多くの場合三叉神経や顔面神経を血管が圧迫するために起こります。我々はこれらの疾患に対して手術用顕微鏡下で直接その圧迫を取り除く手術(微小血管減圧術)を行い治療します。

 

医療設備

・MRI/MRA ・ヘリカルCT ・SPECT ・頚部エコー ・血管撮影装置