眼科

診療科の特色

白内障、緑内障、網膜硝子体疾患、神経眼科疾患など幅広い分野をカバーしており、診断から治療、手術までバランスよく診療しています。常勤医師4名、非常勤医師1名、視能訓練士5名をはじめとする充実したスタッフによる丁寧できめ細やかな診療を信条としています。各種の新しい治療法も積極的に採用しています。

診療内容

  • 網膜硝子体疾患 (増殖糖尿病網膜症、網膜剥離、網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎など)硝子体手術、抗VEGF療法に対応)
  • 水晶体疾患 (過熟白内障、水晶体脱臼、急性閉塞隅角緑内障などの難手術症例を含む白内障一般、他に眼内レンズ脱臼など)
  • 神経眼科疾患 (眼球運動障害、斜視、複視、眼瞼下垂、動眼神経麻痺など各種神経麻痺)
  • 緑内障全般 (線維柱帯切開術=トラベクロトミー、線維柱帯切除術=トラベクレクトミーに対応) (チューブシャント手術が必要な最重症例などは大学病院へ紹介しています)
  • 前眼部疾患(結膜炎、角膜びらんや角膜潰瘍など)
  • 小児の斜視・弱視(手術が必要な場合は大学病院などへ紹介しています。)
  • ※涙道疾患(鼻涙管閉塞や慢性涙囊炎など)で手術が必要な場合は大学病院へ紹介しています。

教育認定・学会等認定施設

日本眼科学会
専門医制度研修施設

スタッフ

医師名 役職 担当・専門分野 資格など
栗本 雅史
  • 部長
  • 網膜硝子体
  • 難治白内障
  • 日本眼科学会専門医
吉田 祥子
  • 医長
  • 眼科一般
  • 日本眼科学会専門医
横田 聡
  • 副医長
  • 眼科一般
  • 緑内障
  • 神経眼科
  • 日本眼科学会専門医
  • 神経眼科相談医
須田 茉紗代
  • 専攻医
  • 眼科一般
松井 淑江
  • 顧問
  • 眼科全般
  • 神経眼科
  • 日本眼科学会専門医
  • 京都大学医学部眼科臨床教授
  • 神経眼科相談医

診療体制について

外来は月曜日から金曜日の午前中8:30から11:30まで受付しております。(午後は予約のある方の診察のみですが、緊急性のある方については可能な限り時間外でも随時受け入れています。)

手術は火曜日と木曜日です。平成28年の手術室での手術件数は1,264件(延べ1,326件)でした。このうち、白内障手術が1,025件、網膜・硝子体手術が100件、緑内障手術が6件、その他133件でした。

白内障手術については症例に応じて、外来手術だけでなく2泊や3泊の短期入院手術も行っております。その他、外来のレーザー光凝固術は年間約1,000件施行しています。

 外来は4診制(1診が初診、24診が一般再診および予約診察)で、一日平均100名の外来患者さんの診療を行っています。時間予約制ではなく受付順に診察していますので、長い待ち時間をはじめご迷惑をおかけしますがお許し下さい。

 なお、初診の方や久しぶりの受診となる方は、可能であれば近隣の眼科からの紹介状を持って受診されることをおすすめします。(もちろん紹介状がなくても診察を受けていただくことは可能ですが選定療養費制度といって所定の費用がかかリます。どうかご了承下さい。)

 

医療設備

●白内障手術装置 ●硝子体手術装置 ●眼科手術機器一式
●レーザー光凝固装置 ●YAGレーザー装置 ●網膜電図
●超音波診断装置 ●静的自動視野計 ●動的視野計
●角膜内皮計測装置 ●自動屈折解析装置 ●自動眼圧計
●眼底カメラ ●光学式眼軸長計測装置 ●大型弱視鏡
●OCT ●角膜形状解析装置