放射線治療科

診療科の特色

 当科では各種悪性腫瘍(がん)、一部の良性疾患(ケロイド、甲状腺眼症など)に対する放射線治療(外部照射)を行っています。2013年12月より呼吸で移動する腫瘍を追いかけて治療する「呼吸追尾照射」にも対応した高精度放射線治療装置(リニアック)として三菱重工製vero4DRTが稼働し、三次元照射(3DRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)や脳や肺、肝臓などへの定位治療(SRT)も開始しています。また2014年6月より強度変調放射線治療(IMRT)の施設認定を取得し、保険診療としてIMRTを開始しました。呼吸追尾照射も2014年7月から肝臓、2015年6月より肺、2016年12月より膵臓がんに対して、追尾照射とIMRTを組み合わせた「呼吸追尾IMRT」も開始しています。

 vero4DRTは様々な高精度治療が可能ですが、照射野(治療可能な腫瘍のサイズ)が15X15cmと狭く治療可能な部位が限られるため、高精度治療が可能な汎用治療装置(リニアック)への更新工事を行っておりましたが、ようやく2016年6月より新型汎用治療装置(エレクタ製Versa-HD)が稼働しました。現在は三次元照射(3DRT)と画像誘導放射線治療(IGRT)、2017年3月より回転強度変調治療(VMAT)を開始しました。

 また2014年6月から放射線診断科と共同でがんの転移性骨腫瘍に対する疼痛緩和を目的とした89Sr(メタストロン®)、2016年からは悪性リンパ腫に対する90Y(ゼヴァリン®)と去勢抵抗性の前立腺癌に対する223Ra(ゾフィーゴ®)による放射性同位元素(RI)内用療法も開始しました。多発転移性骨腫瘍を有する患者のADL(日常生活動作)を内用療法により回復し、全身化学療法へ繋げるという緩和的治療も臓器別主科と協調し、積極的に行っています。

 放射線治療は、手術、化学療法と並ぶ「がん治療三本柱の一つ」です。放射線治療は基本的に局所的な治療で、他の治療法に比べて体の負担が小さいといった特徴から、早期がんに対する治癒を目指す根治治療から転移がんに対する緩和的な(症状を和らげる)治療まで幅広く用いられます。がんの治療においては、がんの種類、進行状況、全身状態により患者さんにとって最適な治療法を組み合わせることが大切です。そのため、当科として病床はもっていませんが、院内外の各科の先生方と連携して治療にあたり、特に初診時には放射線治療についてなるべくわかりやすく説明し、患者さんにご理解、納得して治療を受けていただけるよう心がけています。

 放射線治療は専従の放射線品質管理士、放射線治療認定技師を含む7名の技師と1名のがん放射線治療看護認定看護師が携わっています。小線源照射装置は所有しておりませんので、必要な際は他院での治療を紹介しています。

vero4DRTVersa-HD


 



 

スタッフ

医師名 役職 担当・専門分野 資格など
坂本 隆吏
  • 部長
  • がんの放射線治療
  • 日本医学放射線学会・放射線腫瘍学会共同認定治療専門医
  • 日本がん治療認定機構・認定医
伊藤 仁
  • 医長
  • 放射線治療
  • 日本医学放射線学会放射線治療専門医

症例

放射線治療  40件/日

 

2016年度実績

放射線外部照射 :406人(IMRT:43人、脳SRT:19人、体幹部SRT:45人)

89Sr 内用療法:7人

医療設備

●CT装置
  • ○放射線治療専用 1台
●放射線治療装置 2台

  ○三菱重工 vero4DRT

  ○エレクタ Versa-HD

●放射線治療計画装置

   ○ iplan 6台

   ○ monaco 3台

   ○ Raystation 2台