院長あいさつ

平成31年度を迎えて

wakazono

院長 若園 𠮷裕

京都桂病院は昭和12年に結核療養所として創設された松尾病院を起源とし、昭和39年に時代の方向性や疾病構造の変化、地域の要望に応えるかたちで、京都厚生園から京都桂病院と名称も変更し総合病院となりました。その後、各診療科が設置され、呼吸器センター、消化器センター、心臓血管センターを核として発展し、現在、地域医療支援病院・地域がん診療連携拠点病院の指定を受けています。創立より一貫して、質の高い医療を患者さんに提供したいと考え、その目標に向かって医師、看護師をはじめ各々の医療従事者が自己研鑽を積み、患者さんを中心に据えて、力を合わせて医療を提供してきました。これらの伝統を守るとともに、今後の超高齢化社会に対応できるように社会や地域のニーズに応え柔軟に変革も行い運営してゆきたいと考えております。

日本は少子高齢化社会に突入し、この地域でも、疾病構造、治療方針なども変化して行くことが予想されます。本院は地域医療構想に従い、急性期・高度急性期の医療をさらに充実させ地域の他の医療機関と役割分担をして「地域包括ケア」をさらに推進してゆきたいと考えております。 また2017年より脳卒中センターを開設し血管内治療も含めすべての脳神経疾患にも対応できるようになりました。そして病院全体の方向性として2015年に開設された救急科を中心にすべての科が協力して救急を充実させたいと考えております。さらにはより高度な医療に対応するため高精度の放射線治療器2台や手術支援ロボットダ・ヴィンチも導入して多くの治療が行われています。また、1昨年度よりA棟の北西に新D棟の建築を開始し、2020年1月頃完成する予定です。新病棟では救急入院機能の強化、安心安全で快適な環境での出産、高齢者に配慮した環境、緩和病棟の新設を予定しており、その後F棟を建て替え2022年にはER型救急ならびにICU,SCU,HCUなどを整備する予定です。

本年度の行動方針は「災害時の医療継続の強化」としました。昨年度は種々の自然災害による被害が経験された1年でした。京都桂病院では災害時、電力に関しては2か所の変電所からの電力供給、コジェネ発電、水道については井水をろ過した水の利用が可能です。また年に1回地震を想定した訓練を継続して行っております。今後近隣との連携も含めてさらにきめ細かく想定し現在のBCP(事業継続計画)をより進化させてゆきたいと考えております。

以上のことがらを考え、本院のvisionである「一番大切な人を受診させたい病院になる。治療を受けてよかった、治療を受けたい病院になる。働いてよかった、働きたい病院になる」の実現をめざしてゆきたいと思います。

アクセスマップ
京都桂病院

〒615-8256 京都市西京区山田平尾町17番

電話番号:075-391-5811(代表)

アクセス お問い合わせ