教育体制

教育目的

看護部の理念・行動基準に基づき、専門的知識・技術の自己研鑽に努め、より質の高い看護が行える看護職員を育成する。また、看護職員個々のキャリアプランに基づき、主体的にキャリアを形成できるよう支援する。

教育目標

  1. 京都桂病院クリニカルラダーに基づき、看護の専門的知識・技術を段階的に習得し、看護実践能力を向上させる。
  2. 患者さんの尊厳・権利を尊重し、「看護者の倫理綱領」に基づいた看護が提供できる。
  3. 研究的視点を持ち、専門職業人としての看護の資質の向上を目指す。

教育計画の基本的な考え方

段階に合わせたプログラムで看護実践能力を育成

教育計画の概要

クリニカルラダーPDF拡大資料

より質の高い看護の提供を目指して、看護師が個々が主体的にキャリア形成できるように、 クリニカルラダーを使用しています。当院のクリニカルラダーは、基礎コース・キャリアコース・管理コースの三層立てに、認定看護師などのエキスパートを加えた成り立ちになっています。それぞれのレベルに相当した目標を設定し、実践・管理・教育目標の達成を目指します。また、基礎コースとキャリアコースはStep1~6に分かれ、目標達成とともにそれぞれのレベルの課題をクリアしてステップアップしていきます。

新人研修プログラム

新人サポートシステム

すべてのスタッフが新人看護職員の教育・指導に関わる屋根瓦方式の教育体制PDF拡大資料

基本的な臨床実践能力を形成する最も重要な入職1年目は、新人看護職員が職場環境にできるだけ早く適応し、専門職業人として自立できるよう、屋根瓦方式の教育・支援体制を導入しています。新人看護職員一人ひとりの精神面をサポートするチューター、臨床実践に関する実地指導・評価を行うスキルサポーターを配置し、スタッフ全員で臨床実践能力・看護の専門的能力を育てます。

基礎コース「Step1」の教育計画PDF拡大資料

新人看護師の1年は4期に分かれています。
第Ⅰ期は「オリエンテーションの時期」で職場に適応し、社会人・組織人・専門職人としての自覚と態度を身に付ける時期。
第Ⅱ期は「基本的技術の実践の時期」で安全・安楽・確実な基本的看護技術を習得していく時期。
第Ⅲ期は「夜勤に入る時期」で、基本的看護技術の習得・メンバーとしての実践力を強化する時期。
第Ⅳ期は「自立の時期」で、自己の課題を明確にし、メンバーとして自立する時期。

集合研修は、それぞれの時期に応じた様々な研修を企画しています。1ケ月・3カ月・6カ月・1年にフォローアップ研修を企画し、同期の仲間と語り合う場があります。