先輩からのメッセージ

Aさん 入職4年目 ICU・CCU病棟

京都桂病院への入職を決めた理由は?
看護学生の時に実習先の施設として何度も通い、多くのことを学びました。出会う指導者の方や先輩看護師の方のもとで働き学びたいと思えるような看護がたくさんあり京都桂病院を選びました。
京都桂病院での看護のやりがいは?
集中治療室へ入職して3年が経ちます。急変時の対応や重症患者さんの看護に毎日逃げ出したくなることがあります。しかし、患者さんの元気になった姿やご家族の笑顔は毎日のやりがいです。
京都桂病院の研修で役立ったことは?
深めたい看護に合わせた研修があります。今年は「退院支援」について学びました。  集中治療室ではほとんど退院する患者さんはいません。しかし、退院支援は入院時から始まっていることを研修で学びました。病棟に持ち帰り入院時からできる退院支援を考え実践しています。そういった日ごろから役立つ研修内容がたくさんあります。
京都桂病院の魅力は?
患者さんのために出来ることを考え、患者さんと一緒に前に進もうとする「熱い看護観」を持った看護師がたくさんいます。特に先輩看護師から学ぶことが多く日々ステップアップできます。そして、先輩の後ろ姿を見ながらいつかは私も先輩のような看 護を提供したいと思えることが魅力です。

Bさん 入職3年目 手術室

京都桂病院への入職を決めた理由は?
学生の時に実習に来ていて、病院全体の雰囲気が良く京都桂病院で知識や技術を身に付けたいと思ったのが入職の決め手です。
京都桂病院での看護のやりがいは?
手術を受ける患者さんは大きな不安や緊張を抱えて手術へ臨まれます。中には身体を振るわせ、涙を流す方もいます。そんな患者さんに寄り添い、手術が円滑に進むようにサポートしていくのが手術室看護師としての大事なことの一つだと思っています。手術室は病棟に比べると患者さんとのコミュニケーションをとれる時間は短いですが、受け持った患者さんから「ありがとう。あなたのおかげで安心して手術を受けることができました。」など術後に言って頂くことがあり、とても嬉しくやりがいを感じます。
京都桂病院の研修で役立ったことは?
入職時から1年間を通して看護技術や感染、医療安全など業務に役立つ研修が開催されていて臨床と絡めて学ぶ事ができます。また数カ月毎に開催される新人フォローアップ研修では、同機入職とともに悩みを共有し解決策を考えるという機会があったことで、再度振り返りができて辛かったことも頑張ろうと思えたきっかけだったと感じています。 また、新人研修だけではなく、病院全体での研修や部署ごとにも定期的に研修や勉強会が開催されていて積極的に学ぶ事ができます。
京都桂病院の魅力は?
はじめは手術室という環境に戸惑うことが多くありましたが、優しい先輩や医師の指導の下手術室看護師としての秒業務や患者さんとの関わり方を日々学んでいます。 また入職1年目にある新人の全体研修だけではなく部署での勉強会などが充実していて安心して働くことが出来ます。  現在も学ぶ事が多く、自分のことで精一杯になってしまうことも少なくないですが、その都度優しく、頼りになる先輩看護師がフォローしてくれるので手術室看護師としての役割を直接見て感じることができます。また、日々新しい術式や器械などが入ってきており勉強することも多いですが自身のスキルアップにも繋がります。 京都桂病院では自分の目指す看護が学べ、スキルを身に付けることができるとても魅力的な職場です。

Cさん 入職7年目 消化器内科病棟

京都桂病院への入職を決めた理由は?
実習時にスタッフの方たちの患者さんに対する対応や看護を通して、私も一緒に働きたいと感じました。
京都桂病院での看護のやりがいは?
内視鏡治療の急性期の患者さんだけではなく、ターミナル期の患者さんも入院されます。内視鏡治療では処置前後の管理が重要であるため、常に知識の向上を図り、安心・安全に処置を終えることができるように努力し、笑顔で退院される時に喜びを感じます。ターミナル期では他職種とのコミュニケーションや家族とのコミュニケーションを図り、患者さんや家族との信頼関係を築き、一人ひとりに合わせた看護が提供できるように日々奮闘することに看護のやりがいを感じています。
京都桂病院の研修で役立ったことは?
院内研修、教育体制が充実しており、様々な知識や技術を習得できる環境が整っています。さらに研修会や他職種とのカンファレンス、事例検討などにより、スタッフ間での意見交換を行うことで様々な視点から看護を見つめなおすことができます。
京都桂病院の魅力は?
常に向上心を持てるように教育体制や研修制度が整っていること、気楽に相談できる先輩方がいることで、患者さんに合わせた看護を提供できるように日々努力し続けることができます。

Dさん 入職7年目 循環器病棟

京都桂病院への入職を決めた理由は?
急性期病院であるため様々な知識や技術を習得できると思い入職しました。また福利厚生がしっかりしており、ワークライフバランスも保て、働きやすい環境であることも魅力でした。
京都桂病院での看護のやりがいは?
急性期の不安定な状況から、徐々に良くなっていくという状態の変化や、退院に向け調整を行っていくという一連の流れを学ぶことができ、患者・家族と退院後の生活も考えた看護ができます。退院の時に「本当によくしてもらってありがとう」と言ってもらえることにやりがいを感じます。
京都桂病院の研修で役立ったことは?
新人研修には様々な研修があり、どれも必要となってくるものばかりで実践していく中でとても役立ちました。また、分野ごとにラダー研修や、他のメディカルスタッフ主催の研修などもあり、自分の目指す看護がより明確になりました。
京都桂病院の魅力は?
各科それぞれの特徴があって、様々な知識や看護を学ぶことができます。人と人との関りなので、辛いこともありますが、支えてくれる多くのスタッフがいるので、充実した日々を送っています。男性看護師も増えてきています!!