治験とは 治験の流れ 治験を行う時のルール 治験に参加するには 臨床試験コーディネーターとは

治験とは?

新薬が開発される過程には、まず「くすり」になりそうな物質(実験室で作られた化合物や天然の物質)が探され、試験管を用いた実験などで、目的とする「くすり」の候補を選び出します。

次に動物実験が行われ、その物質の有効性(効き目・効果)と毒性を詳しく調べます。
動物実験が終わっても動物と人とでは体の仕組みが違うので、すぐに「くすり」として使われるわけではありません。最終的には、人に対してその物質の有効性と安全性(副作用など)を調べなければなりません。この人を対象とした試験のことを「臨床試験」と言い、その中で国(厚生労働省)から「くすり」として認めてもらうために行う臨床試験を治験と言います。

Kyoto-Katsura Hospital Clinical Trial Secretariat since 1999