理念と方針

1)医師として幅広い実際的医療の基礎を会得し、プライマリ・ケアを十分に修得する機会を作ります。

2)医師は自らの人間性を豊かにすべく一生努力を続ける必要があり、自己経験を謙虚に反省し、常に向上心をもって技術、知識を習得することを教育いたします。

3)各職種問との協調を心がけるとともに、地域医療における病院の役割を認識させ、各医療機関や関連機関との連携と協調に努められる環境を作ります。