産婦人科

概要

部長:藤井 剛

医師:常勤医5名 / 非常勤医1名 / 研修医

  • 母体保護法指定医師研修機関
  • 日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設

特徴

婦人科腫瘍や周産期治療、産婦人科救急疾患などはば広く治療にたずさわることができる。また他科との協力体制も確立しており、研修指定病院でもある。

実績

分娩数は年間20

0件前後。手術件数 約300件(腹腔鏡、子宮鏡手術含)。正常分娩や合併症妊婦の管理、婦人科悪性腫瘍治療も行っている。

到達目標

日本産婦人科認定医取得ができる内容をめざす。

  • 1)基本的診察、検査法
  • 2)手術、処置手技
  • 3)術前術後、周産期管理
  • 4)婦人科悪性腫瘍の治療
  • 5)重篤な合併症のある患者の治療
  • 6)研修医の指導

カリキュラム

指導医の指導のもとに、入院患者の主治医となり治療の中心的役割を果たしながら臨床的知識を高め、手術・処置の手技を習熟する。また外来担当医として外来 患者の診断、治療方針の決定などを経験し、疾患治療はもちろん患者対応能力の向上をはかる。また学会や研修会の参加、発表および論文投稿を積極的に行う。