リハビリテーション科

特徴

高齢化社会の到来に伴い、リハビリテーション医療の重要性・必要性が増加している。加齢や疾患に派生する心身の障害発生を予防し早期回復をはかり、QOL を高めることが、リハ医療の大目的である。しかしながら、そのリハ医療を実践すべきリハ専門医はまだまだ不足し、その育成が全国から嘱望されている。

当院は、全国でも数少ない急性期リハ診療体制を整えた急性期総合病院で、多彩な疾患群のリハを、超急性期から履修することができる。リハ施設基準は、心大 血管疾患リハ[I]、脳血管疾患等リハ[I]、運動器疾患リハ[I]、呼吸器疾患リハ[I]、がん疾患リハをすべて取得している。
具体的には、脳血管障害、高次脳機能障害を含む頭部外傷性疾患、骨関節疾患や骨折などの整形外科疾患、パーキンソン病などの神経筋疾患、COPDや肺癌な どの呼吸器疾患、AMIや心臓血管外科手術などの循環器疾患、リウマチなどの膠原病、発達障害を含めた小児疾患、摂食嚥下障害、生活習慣病などの代謝障 害、悪性疾患などのターミナル期に対する終末期リハ等であり、安全で良好なリハ成績を全国に先がけて発信している。
特に開心・開胸・開腹手術では、心臓血管外科・呼吸器外科・腹部外科・産婦人科・泌尿器科の全例に周術期呼吸リハを徹底し、整形外科待機手術や乳癌手術で も、全例に術前からリハを開始して、在院日数の短縮化や術後合併症の減少に貢献している。また高齢者・虚弱者には入院早期から介入し、廃用防止・ADL維 持改善・心理支持(認知症発症進展予防を含む)に努めている。基本的に他の診療科との併診制であり、いずれの診療も各科専門医と連携の上、質の高い診療を行っている。

一方で当院は、在宅医療センター、訪問看護センターを併設した、地域密着型の医療機関である。地域連携パスを活用した、病病連携、病診連携、介護施設との 連携といった地域リハを視野に入れた様々な転帰について、地域のノーマライゼーションを目標に、デザインし調整する能力が研修できる。

実績

他診療科より当科に依頼される月間新規患者依頼数(平成23年度)

月間:理学療法226.9人、作業療法57.8人、言語聴覚療法25.6人/310.3人

年間延訓練件数(平成23年度)

年間:理学療法37,628件、作業療法11,679件、言語聴覚療法5,083件/54,390件

転帰(平成21・22年度)

自宅退院:転院:死亡(原疾患死)=85:9:6(%)

依頼診療科

呼吸器外科・内科、循環器外科・内科、腹部外科・内科で6割を占める。
整形外科、神経内科・脳外科、一般内科、血液内科、糖尿病内分泌内科、小児科、産婦人科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、形成外科、歯科口腔外科などほぼ全ての診療科。

到達目標

  1. リハビリテーション担当医師として、リハビリテーション医学全般にわたる障害像の評価と診断が出来、適切なゴール設定と療法士への指示(=治療)が出せる。
  2. 急性期病院における早期リハビリテーションの必要性を理解し、処方が出来る。
  3. リハビリテーションに一般的に並存・合併する疾患について、診断や初期治療が出来る。
  4. 患者・家族の了解が取り付けられ、各診療科医師や療法士・看護師など、各種間の協業が調整出来る。
  5. 地域におけるリハビリテーションの流れとその継続の必要性を理解し、医療連携の調整が出来る。
  6. リハビリテーション専門医取得を目指し、リハビリテーション医学における、学会発表、論文作製などを実践できる。

カリキュラム

  1. 各種疾患に対し、外来枠の担当、病棟患者受持ち、リハビリテーション処方、リハビリテーション実施計画書作成と説明、各種評価・検査
  2. 病棟回診、訓練回診、新患・中間カンファレンス、病棟リハカンファレンス、各種症例検討会の参加
  3. 摂食嚥下障害リハビリテーションで、嚥下造影検査と嚥下カンファレンスの実施
  4. 心臓リハビリテーション・呼吸リハビリテーション・生活習慣病のリハビリテーションにおいて、運動療法の処方と実践、リスク評価と管理
  5. 地域リハビリテーションに対する研鑚、地域連携パス連絡会議に出席
  6. 抄読会・発表、レクチャー、症例報告
  7. 学会発表、論文作製(地方会、総会、国際学会を含む)