がん診療連携拠点病院とは

全国どこでも質の高いがん医療が受けられるように、厚生労働大臣が指定した病院で、都道府県や地域内でのがん診療の中心となる施設です。

がん診療連携拠点病院の条件

がんの手術治療、抗がん剤治療、放射線治療が一定の基準を満たし、複数の診療科が協力して診療を行えること、セカンドオピニオンの対応、緩和医療が提供でき、地域の病院や診療所との連携体制を有していることなどが条件です。
また、専門スタッフとして、医師、薬剤師、看護師、臨床心理士、ソーシャルワー カー、放射線技師がいます。
設備や環境として、専門的治療室や相談支援センターの設置、禁煙対策、患者さんのがんについてのデータ管理(院内がん登録)な ども条件になっています。