産科医療補償制度について

お産の現場では、予期せぬできごとが起こってしまうことがあります。「産科医療補償制度」は、万が一、生まれた赤ちゃんが重度の脳性麻痺になった場合、一定の補償金をお支払いし、赤ちゃんとそのご家族のことを考えた新しい補償制度です。
当院は、国が支援するこの「産科医療補償制度」に加入しています。妊産婦の皆様に、この制度の対象者となることを示す「登録証」を交付致しますので、「妊産婦記入欄」へのご記入をお願い致します。

産科医療保証制度の概要

  • 平成21年1月以降に生まれた赤ちゃんから対象となります。
  • 補償対象は、原則的には体重が2,000g以上かつ妊娠33週以上のお産で重度の脳性麻痺となった赤ちゃんが対象となります。(妊娠28週以上の場合も補償対象となることがあります。)
  • 補償内容は、看護・介護の為に600万円が一時金として、その他に総額2,400万円が補償分割金として20年間にわたり支払われます。
  • この制度に加入している分娩機関でお産をすると、全てのお産が補償の対象となります。
  • 費用については、分娩後に当院から運営組織である日本医療機能評価機構へ保険料(3万円)を支払います。保険料(3万円)に相当する金額は、分娩費用に加算されますが、出産育児一時金が3万円増額されますので、妊産婦の皆様も実質的な分娩費用の負担増加はありません。