病理診断科

診療科の特色

sec23_k01

病理診断は、患者さんの体より採取された病変の組織や細胞から、顕微鏡用のガラス標本を作り、この標本を顕微鏡で観察し診断するものです。病理診断は、患者さんに対する最終診断として大きな役割を果たします。

病理診断には次のものがあります。

  • 1)細胞診断
  • 2)生検組織診断
  • 3)手術で摘出された臓器、組織の診断
  • 4)手術中の迅速診断
  • 5)病理解剖

当院では、現在日本病理学会認定の病理専門医1名、細胞検査士(スクリーナー)7名が常勤しています。
患者さんから得られた組織や細胞を通して、臨床の先 生方との対話に基づいた“顔の見える病理診断”をモットーに、病理標本をただ顕鏡し報告するのではなく、先生方から得られた臨床所見や画像所見等と対比し つつ、臨床と密着した病理診断を心掛けています。また、病理解剖を承諾いただいた場合には、生前の病気の進行具合や治療の効果、死因等を謙虚に学ばせて頂 き、医療の進歩に貢献していきたいと考えております。

教育認定・学会等認定施設

日本病理学会
認定施設
日本臨床細胞学会
認定施設

スタッフ

医師名 役職 担当・専門分野 資格など
安原 裕美子
  • 副部長
  • 外科病理一般
  • 死体解剖資格
  • 日本病理学会認定病理専門医・指導医
  • 日本臨床細胞学会認定細胞診専門医
  • 日本臨床検査医学会認定臨床検査管理医

症例

実務実績(1月~12月)

  組織診数迅速診断数 迅速診断数 細胞診数 剖検数 CPC
2013年 8,337 313 9,300 18 16
2014年 7,909 323 8640 16 18
2015年 8,068 303 7,836 17 18