総合病院で安心安全な出産を|産婦人科・小児科 京都桂病院

京都桂病院 産婦人科について

京都桂病院は京都市の西に位置する総合病院です。
西京区、右京区、亀岡市、乙訓地区をカバーする基幹病院として80年以上の間、地域の医療を支えています。
当院は29の診療科を備えており、いろいろな専門の医師が在籍し、また医師以外にも豊富な知識、技能を持つ助産師、看護師、薬剤師、臨床心理士などが多く常勤しております。
「安心安全なお産」の実現のために、われわれは、最新の医療の知識を取り入れ、技術を使用できるようスタッフ全員日頃より研鑽を積み、また院内の他部門、他職種の職員とのコミュニケーションを大切にしております。
当院でのお産に少しでも興味をもって頂ければ幸いに存じます。
いつでもご連絡ください。

京都桂病院 産婦人科

当院 産婦人科の特徴

総合病院としての機能を生かし、産婦人科医師・助産師・看護師を中心に、小児科・内科・外科・精神科
その他多くの専門医と連携を取り合い、お母さんと赤ちゃんをみんなで守っています。
健やかなマタニティーライフを過ごし安心してお産をして頂けるように、様々な取り組みをしています。

  1. 総合病院ならではの安心・安全な環境

    総合病院ならではの
    安心・安全な環境

    総合病院としての機能を生かして、多くの専門医と連携を取り合い、お母さんと赤ちゃんをみんなで守っています。

  2. 妊娠から産後までの充実したサポート

    妊娠から産後までの
    充実したサポート

    夜間休日であっても24時間対応させていただきます。また、産後は退院後1週間後健診や母乳外来がありますので、育児や授乳などで、お母さんの不安の軽減に努めます。

  3. 妊娠から産後までの充実したサポート

    お母さんの気持ちに
    寄り添った産後ケア

    「母児同室をしたいと思っていたけれど、今日は寝たい」「おっぱいだけでがんばろうと思っていたけどちょっと休みたい…」など、お母さんのその時々の気持ちに寄り添います。

当院 産婦人科の取り組み

出産準備教室

1出産準備教室 前期(妊娠16週以降の方対象)

[日程]
第1木曜日(AM10時~12時半)(変更となる場合もあります)
[内容]
  • ・産婦人科医師による妊娠についての説明
  • ・栄養士による妊娠中の栄養について
  • ・歯科衛生士による妊娠中の歯のお手入れについて

2出産準備教室 後期(妊娠32週以降の方対象)

[日程]
第4木曜日(AM10時~12時半)(変更となる場合もあります)
[内容]
  • ・助産師による入院の時期、お産の経過、呼吸法についての説明
  • ・ミュージックセラピー
  • ・病棟案内

3パパ教室(妊娠25週以降の方対象)

[日程]
第3日曜日(AM10時~12時半)(変更となる場合もあります)
[内容]
  • ・赤ちゃんの沐浴の仕方、おむつの替え方、ミルクの作り方
  • ・パパの妊婦体験
  • ・ペアマッサージ

AM9時50分にホールにお越しください。母子手帳を必ずお持ちくださいね。
お申し込みは、産婦人科外来に直接お伝えいただくかお電話ください。

入院・出産

産後にはどんな指導や検査があるの?

お母さんへ
検査
採血・尿検査・超音波検査などがあります。
指導
[授乳指導]
お母さんの希望に寄り添った指導を行います。
授乳室での授乳となりますが、母児同室をご希望の方はお声かけください。
母児同室は、LDRあるいは特別室での同室となります。料金は別途1日当たり10,000円+税金が必要となります。
またお母さんと赤ちゃんの体調によっては母児同室ができないこともあります。
[薬剤師からの指導]
おくすりやワクチンについての説明があります。
[沐浴指導]
沐浴の見学をしていただき、翌日に沐浴を実際に行っていただきます。
[骨盤ベルト]
骨盤ベルトの巻き方を指導させていただいたり、骨盤体操を説明させていただいたりします。
[調乳指導]
粉ミルクの会社の方からの説明です。
[退院指導]
助産師による家族計画・退院後の生活指導などを行います。
赤ちゃんへ
小児科医師による診察があります
[新生児マス・スクリーニング検査]
先天性の病気の中には、生後早い時期に採血を行うことで
診断できるものがあり、早期発見、早期治療を行うための検査です。
[新生児聴覚クリーニング検査(ABR)]
聴覚障害は早期に適切な治療を開始することでコミュニケーションの形成や発達に大きな効果が得られるため、
早期発見が重要です。このため当院でも新生児聴覚クリーニング検査(ABR)を行っています(費用:3,500円+税)。

出産お祝いのプレゼントをご用意しております。

  • プレゼントプレゼント
  • 産後セット産後セット

赤ちゃんの産声メッセージ付きのお写真をプレゼントしています。
また、お母さんにはなるべく身軽に入院していただけるように、産後セットを準備しています。

ご家族の面会時間

ご家族の面会時間は平日13時~19時、土・日・祝日は10時~19時です。
  • ※夜間(19時~翌朝10時まで)は新生児室のカーテンを閉めています。
    出産の時間によってはその都度ご相談に応じます。
  • ※赤ちゃんの抱っこなど希望される場合は、スタッフまでお知らせください。
    原則2親等(両親、赤ちゃんの兄弟(小学生以上)、祖父母)までとさせていただきます。ご協力お願いします。
  • ※体調不良と思われる方はご遠慮ください。
  • ※上記時間内であっても緊急処置などで閉めさせていただくこともあります。ご了承ください。

部屋のご案内

LDR室10,000円/日(税別)

  • 陣痛時陣痛時
  • 分娩時分娩時
  • 産後産後

陣痛(Labor)から分娩(Delivery)、産後の回復(Recovery)までを同じ部屋で過ごすことができます。
テレビ、クローゼット、冷蔵庫、電磁調理器(IH調理器)、洗面台、シャワー、トイレがあります。
分娩時はパートナー以外にも両親、子供、その他のご家族の立ち合いが可能です。また、母児同室も可能です。

特室10,000円/日(税別)

特室
テレビ、クローゼット、冷蔵庫、洗面台、シャワー、トイレがあります。このお部屋でも母児同室ができます。

総室部屋代なし

総室
4人部屋です。テレビ、クローゼット、冷蔵庫があります。

個室6,000円/日(税別)

個室
洗面台、テレビ、クローゼット、冷蔵庫があります。トイレ、シャワーはありませんので、母児同室を希望される場合は、LDRあるいは特室でお願いしております。

授乳室

授乳室

入院中のお食事

腸活と母乳のことを考えたメニューがいっぱい!

季節ごとの特別メニューもあります!
(写真はひな祭り特別メニュー)

おやつはカフェ風スイーツ

京都桂病院栄養科の
ブログもありますので、
ぜひ見てくださいね。

退院後について

1週間健診受診の流れ

・予約日に赤ちゃんと一緒にお越しください。
・おむつ、必要な方はミルクや保護器などもご持参ください。
・赤ちゃんの体重測定、授乳や育児の相談などを行います。
・問診、血圧・体重測定、尿検査などを行う場合があります。

1週間健診受診の流れ

1ヶ月健診の受診の流れ

通常、赤ちゃんの小児科受診の後に、産婦人科受診をしていただきます。問診、尿検査、血圧・体重測定、内診、超音波検査などを行います。採血が必要な場合もあります。

1ヶ月健診の受診の流れ

母乳外来

基本的には月曜日の午後ですが、状況に応じて対応させていただきますのでまずはお電話ください。

母乳外来

育児相談

基本的には火曜日、金曜日の午後ですが、ほかの日でも可能な場合があります。産後は気持ちが不安定になりやすい時期ですので、不安や悩みがあれば、ぜひお電話くださいね。

育児相談
  • ※育児相談・母乳外来はお電話にて予約できます。

外来受信について

妊娠かなあと思ったら・・・ 

京都桂病院代表電話番号(075-391-5811)で、「産婦人科外来に」とお伝えください(14時~17時)
当院に受診されたことのある方は、お電話にてご予約が取れますが、当院を受診されたことのない方は、あらかじめご予約が取れないので、まことに申し訳ありませんが、初診外来のある日に(外来担当表をご参照ください)受診をお願いします(詳細はお電話にてお伝えします)。

他院からご紹介の方

紹介元の産婦人科からの紹介状をご持参の上、当科を受診してください。また合併症にて産婦人科以外の科を受診していらっしゃる方は、産婦人科からの紹介状と、合併症にて通院されている病院からの紹介状もご持参ください。

里帰り分娩をご希望の方

妊娠34週までに当科受診をお願いします。
上記と同じようにお電話いただき、「里帰り分娩希望です」とお伝えください。
基本的には妊娠34週までの受診をお願いしていますが、合併症のある方はそれよりも早く受診していただく可能性がありますので、そのことにつきましてもお伝えください。

妊婦健診の流れ

通常の健診

尿検査、内診、超音波検査(妊娠36週以降 胎児心拍モニター)など
初期検査は採血、子宮頸がん検査、クラミジア検査などを行ないます。

健診の頻度

妊娠24週まで
4週ごと
妊娠25~34週まで
2週ごと
妊娠35週以降
毎週
出産予定日を超える場合
週2回

超音波外来(金曜日のみ)

20週前後、30週前後に、専門の超音波技師による腹部超音波検査を受けていただきます。

外来スタッフの個別の指導

出産予定日が決まったとき
母子手帳の受け取り方などについてご説明します。
分娩予約をするとき(妊娠14週~20週、ただし里帰り分娩の方は初診のときに分娩予約します)
出産一時金、産科医療保障制度、出産準備教室などについてご説明します。
妊娠34週前後での指導
分娩経過や連絡するタイミングなどの説明、胎動カウントなどについてご説明します。
母子健康手帳

上記以外でも、心配なこと、相談したいことなどがあればいつでもお話しさせていただきます。お声かけください!

診察費用

妊婦健診料

1回:3,000円(公費券を使う場合は無料)

※胎児心拍モニター・心電図・公費券を使用できない
血液検査は別途費用がかかります。

分娩費用

正常分娩:43万円前後 帝王切開:50万円前後

出産一時金の直接支払制度について

出産育児一時金の請求や受取を妊婦さんに代わって医療機関が行う制度です。経済的負担の軽減を図る事を目的とした制度です。医療機関の窓口で手続きが必要です。

産科医療保障制度について

産科医療補償制度は、お産をしたときになんらかの理由で重度脳性麻痺となった赤ちゃんとそのご家族のことを考えた補償制度です。

よくある質問

分娩費用はいくらぐらいかかるの?

当院では「直接支払い制度」を利用していますので、退院時は5万円以内のお支払いになります。※個室を利用されていた方には、個室料を請求させていただきます。

里帰り出産はできますか?

経過が順調な方はできます。妊娠32週から34週の期間に受診していただくようお願いしています。合併症のある方は早めに受診していただく場合もありますので、里帰り出産をご希望の方は一度お電話ください。

無痛分娩や計画分娩はできますか?

当院では「できるだけ自然に近い分娩」が理想と考えておりますので実施していません。ただし、妊婦経過および分娩進行状況で陣痛促進剤を使用することはあります。

妊娠中、おなかがはったり出血したらどうしたらいいですか?

妊婦健診以外の日であっても、当院に通院中であればいつでもご連絡ください。産科の当直医師がいますので、24時間対応させていただきます。

外来診察の先生に出産時に、立ち会ってもらえるのですか?

医師の外来担当曜日や当直の関係で、必ず立ち会えるわけではありません。

生まれてきた赤ちゃんに母乳以外与えたくないのですが・・・

当院でも母乳栄養を推奨していますが、ママや赤ちゃんが疲れない程度にミルクを足すことがあります。ママが完全母乳を希望される場合、なるべくママの希望に沿えるようにしていますが、出産直後や入院中の赤ちゃんの経過で中止になることもあります。小児科医師と相談させていただきますので、希望される方は事前に相談ください。

退院後、困ったときはどうすればいいの

退院後1週間に健診として、おっぱいの様子や体重の増え具合、黄疸の様子をチェックする育児相談を行っています。また、それ以外でも、育児相談を行っておりまので、お電話ください。

前回帝王切開での分娩でした。次の出産も帝王切開ですか?

当院では前回の出産が帝王切開であった場合、次の出産も帝王切開での分娩となります。

宗教上、女性の医師を希望したいのですが

外来では、女性医師の担当日に予約を取らせていただきます。ただし、分娩時や緊急の場合の対応はお約束できません。

持病があるのですが、そちらで出産できますか?

各科専門と連携し、安全なお産ができるよう努めていますのでご相談ください。

面会時間を教えてください

ベビー室のガラス越しの面会時間は平日13時〜19時、土・日・祝日は10時〜19時です。

  • ※夜間(19時〜翌朝10時まで)はカーテンを閉めています。出産の時間によってはその都度ご相談に応じます。
  • ※赤ちゃんの抱っこなど希望される場合は、スタッフまでお知らせください。原則2親等(両親、赤ちゃんの兄姉<小学生以上>、祖父母)までとさせていただきます。
  • ※体調不良と思われる方はご遠慮ください。
  • ※上記時間内であっても緊急措置などで閉めさせていただくころもあります。ご了承ください。

こんなときどうする

おなかが痛いとき
切迫流産(※1)や切迫早産(※2)の可能性があり、診察が必要です。お薬の治療や入院安静が必要なことがあります。
また、おなかが痛くて硬くなっている場合は、常位胎盤早期剥離(※3)などの場合もありますので、すぐにお電話ください。
出血があったとき
切迫流産(※1)や切迫早産(※2)の可能性があり、お薬の治療や入院安静が必要なことがあります。
出血と腹痛がある場合は、常位胎盤早期剥離(※3)の場合もあります。
前置胎盤・低置胎盤と聞かれていらっしゃる方は、入院安静や治療が必要なことがあります。
すぐにお電話ください。
水っぽいおりものがある
破水していることがあります。尿もれやおりものと区別がつきにくいことがあります。ご自身で判断せずに、ご連絡ください。
頭が痛い、目がちかちかする
お母さんの血圧が上がっている場合(妊娠高血圧症候群)がありますので、すぐにご連絡ください。
胎動が少ない感じがする
赤ちゃんが元気でないことがあり、胎児心拍モニターや超音波検査が必要ですので、すぐにご連絡ください。
  • (※1)切迫流産:妊娠22週未満で流産になる可能性がある状態
  • (※2)切迫早産:妊娠22週0日~妊娠36週6日で早産になる可能性がある状態
  • (※3)常位胎盤早期剥離:赤ちゃんが生まれる前に胎盤がはがれること

ママからの声

  • 時間がかかった分娩でしたが、ずっと声をかけて下さったり、さすって下さり、とても心強かったです。ありがとうございました。
  • 初産で分からないことだらけだった私に親身になってくれた助産師さん、ありがとうございました。
  • 助産師さんがとても明るい方で、分娩時大変だったけど、安心して出産できました。看護学生さんと仲良くなれて入院中も楽しく過ごせました。
  • 初診のときからお世話になった先生。その日の担当でなかったと思うのですが、生まれる前に何度か様子を見に来ていただき、大変うれしかったです。
  • 切迫早産で入院3週間、出産後1週間、合計4週間お世話になりました。いろいろな方々に支えられながら1ヶ月早い出産になりましたが、生きて生まれたことに感謝しています。
  • 緊急帝王切開になり不安でいっぱいだったが、先生、特に助産師さんがずっと手を握り、声をかけて下さり本当にありがたかったです。感謝してます。

スタッフからのメッセージ

藤井医師

京都桂病院は京都市の西端に位置する総合病院です。西京区、右京区、亀岡市、乙訓地区をカバーする基幹病院として地域の医療を支えています。当院産科は合併症のない妊婦さんのお産はもちろんのこと、診療各科専門医と協力して合併症をお持ちの妊婦さんのお産も多くみています。妊娠中から産後を通じて安心してマタニティライフを送って頂けるよう、スタッフ全員で努めていますので、当院での出産をお考えの方はいつでもご連絡ください。

藤井医師
村上医師

村上医師

患者様が産婦人科を受診しやすく、また悩みを相談しやすい雰囲気を作りたいと思います。

水津医師

水津医師

お母さん、赤ちゃんともに安全に出産を終えていただけるよう、適切な産科医療を提供します。
また地域の産婦人科医院と連携をとりながら、悪性腫瘍も含めた婦人科疾患の治療を行います。

前田医師

前田医師

患者様との出会いを大切に診療させていただいております。患者様の笑顔が毎日の活力となっています。ひとりでも多くの患者様が笑顔になれるよう、不安や心配ごとを解決できるよう努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

高医師

高医師

2017年8月から桂病院で働き始めました。
初めて産婦人科を受診される方にとって、男性医師による診察は少し抵抗を感じるかもしれません。一方、我々男性は妊娠期間中や産後に感じる様々な不安や分娩時の痛みを決して経験することはできませんが、女性にとって一生で最も忘れ難い思い出の一つである妊娠・出産をより安全で、快適なものにできるよう、日々努力していきたいと考えております。

芦原医師

芦原医師

患者様が、落ち着いて診療を受けられるよう、わかりやすく、丁寧な診療を目指しております。

手術室スタッフ

手術室スタッフ

帝王切開での出産に立会い、お手伝いをさせていただいています。赤ちゃんと初めての対面をされるお母さんの笑顔を見守り、心から祝福しています。お母さんが安心して帝王切開を受けて頂けるよう安全にサポートしていきます。

栄養科

栄養科

出産後は普段の病院食よりも華やかで栄養満点な食事とカフェ風スイーツを提供しています。産後のお母さんに是非食べて欲しい自慢の内容となっています。またご希望に応じて食事と栄養のお話もさせていただいています。

小児科医師

小児科医師

すべての赤ちゃんに対して出生後と退院前に健診をしています。治療やサポートが必要な赤ちゃんには随時対応し、赤ちゃんのわずかなサインに気づけるよう関わっています。出産後(時には出産前でも)心配なことがあればいつでもご相談ください。元気に心配なく退院できるようお手伝いいたします。

病棟薬剤師

病棟薬剤師

入院中に使用される薬や、普段使用されている薬についてお話させていただきます。お子様にお薬が出たときには、量を確認し、安全にお薬を使用していただけるように努め、ご希望に応じてお子様の予防接種のお話をさせて頂きます。また、お薬のおっぱいへの影響を確認して授乳をサポートしますので、ご心配のことは何でも相談ください。

病棟クラーク

病棟クラーク

入院中のお母さんや赤ちゃんに関するいろいろな手続き、費用の事や書類、事務的な事がスムーズにおこなえるように、お手伝いさせて頂きます。事務手続きなどでわからないことがあればいつでもお声掛けください。

病棟助産師

病棟助産師

お産って・・・やっぱりすごい!
お産・・・それは痛い、辛いといったイメージでとらえられやすいですが、ずっと、ずっと大切に育み、守ってきた我が子との共同作業、生きることを考えられる貴重な時間です。
産むこと!のどれだけ素晴らしい力が自分自身にあるかを体で感じ、自信をもってお産に臨んでいただけるよう私たちは妊娠中から産後まで継続的なケアを提供できるような環境づくりを目指しています。

外来スタッフ

外来スタッフ

当院の産婦人科外来では妊娠初期、20週頃、34週に助産師とゆっくりお話をし、妊婦経過が順調で楽しいマタニティライフが過ごせるようお手伝いさせて頂きます。
産後は「産後2週間健診」として、赤ちゃんの体重測定や授乳状況、お母さんの入院の状況などをみせていただき、退院後、1ヶ月健診までの間の不安や疑問などについてお話をうかがい、安心して育児ができるようにサポートしております。もちろんその後の育児相談、母乳に関する相談も随時受けております。

お電話でのお問い合わせ

075-391-5811

予約のお問い合わせは14時~17時の間にお願いいたします

新病棟の紹介

産婦人科病棟は2020年2月に新病棟に移ります。