教育体制

患者さんを知ること。患者さんを支える事。

理想の看護を目指して

教育目的

看護部の理念・行動基準に基づき、専門的知識・技術の自己研鑽に努め、より質の高い看護が行える看護職員を育成する。また、看護職員個々のキャリアプランに基づき、主体的にキャリアを形成できるように支援する。

教育目標

  1. 京都桂病院クリニカルラダーに基づき、看護の専門的知識・技術を段階的に習得し、看護実践能力を向上させる。
  2. 患者さんの尊厳・権利を尊重し、「看護者の倫理綱領」に基づいた看護が提供できる。
  3. 研究的視点を持ち、専門職業人としての看護の資質の向上を目指す。

教育計画の基本的な考え方

段階に合わせたプログラムで看護実践能力を育成

看護部 教育計画の基本的な考え方図

教育計画の概要

三層立てによる、多彩な研修プログラム

看護部 教育計画の概要