耳鼻咽喉科

診療科の特色

耳鼻咽喉科で扱う器官は、呼吸と嚥下という重要な生命機能に関わる他に、聴覚、前庭、嗅覚、味覚などの感覚の働き、音声コミュニケーションの機能にとって重要なものです。当科ではこのような広い範囲の働きをもつ臓器に生じる様々な疾患に、できるだけ切れ目なく対応するよう努めています。

また当科では喉頭機能外科に積極的に取り組んでおります。音声障害をきたす疾患は多岐にわたり(声帯ポリープ、声帯結節、ポリープ様声帯、声帯のう胞など)、適応に応じ直達鏡下の喉頭微細手術(マイクロフラップ法含む)を行います。手術は全身麻酔を要しますが短時間ですみ、入院期間も3日ですみます。肺癌や甲状腺癌、食道癌などの悪性疾患などが原因で起こる声帯麻痺に対しては、頸部に小さな切開をおいて声帯を軟骨の外から移動させて、声の改善をはかる手術(甲状軟骨形成術)を行っております。入院期間は通常、一週間程度で済みます。その他にも、高度嚥下障害に対する手術(喉頭気管分離術、喉頭全摘術)も必要に応じて行っております。

地域がん診療連携拠点病院の一員として、悪性腫瘍の診療にも力を入れており、進行癌に対して化学放射線治療および根治手術、また表在性中下咽頭癌等に対して消化器内科との共同によるNBI狭帯域光観察下ELPS(endoscopic laryngo-pharyngeal surgery)も行っております。

 

診療内容

対象症例 具体的傷病名

耳疾患

慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、滲出性中耳炎、突発性難聴、 末梢性顔面神経麻痺、末梢性めまい(メニエル病、良性発作性頭位めまいなど)など

鼻副鼻腔疾患

慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎、鼻中隔彎曲症など

咽喉頭疾患

声帯ポリープ、ポリープ様声帯、反回神経麻痺など

口腔咽頭疾患

慢性扁桃炎、扁桃肥大、唾石症など

頭頸部腫瘍

甲状腺、唾液腺(耳下腺など)、喉頭、咽頭、口腔(舌など)、耳、鼻・副鼻腔、その他の頸部に生じる悪性・良性の腫瘍

診療内容

  • 耳疾患
  • 鼻副鼻腔疾患
  • 喉頭疾患
  • 口腔咽頭疾患
  • 頭頸部腫瘍

教育認定・学会等認定施設

日本耳鼻咽喉科学会
専門医研修施設
日本気管食道科学会
気管食道科専門医研修施設(咽喉系)

スタッフ

医師名 役職 担当・専門分野 資格など
村井 紀彦
  • 部長
  • 耳鼻咽喉科全般
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医・専門研修指導医
  • 日本気管食道科学会専門医
  • 日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医・頭頸部がん暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本めまい平衡医学会専門会員・めまい相談医
  • 臨床研修指導医、緩和ケア研修修了
大野 恒久
  • 副部長
  • 耳鼻咽喉科全般
  • 頭頸部外科、音声外科
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医・専門研修指導医
  • 日本気管食道科学会専門医
  • 日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本耳鼻咽喉科学会補聴器適合判定医師・補聴器相談医・騒音性難聴担当医
  • 臨床研修指導医、緩和ケア研修修了
松岡 卓
  • 耳鼻咽喉科全般
髙橋 由佳
  • 非常勤
  • 耳鼻咽喉科全般
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医・専門研修指導医
  • 日本気管食道科学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

症例

●年間手術件数(2015年)

合計 299 件 

中耳手術

58

副鼻腔手術

31

鼻腔手術

20

扁桃手術

50

咽頭口腔良性疾患手術

15

咽頭口腔悪性腫瘍手術

2

喉頭微細手術・喉頭形成術

12

喉頭悪性腫瘍手術

3

唾液腺良性病変手術

20

唾液腺悪性腫瘍摘出術

 2

頸部郭清術(単独で行ったもの)

5

甲状腺良性病変手術

18

バセドウ病手術

3

甲状腺悪性腫瘍手術

26

その他の唾液腺・頸部の手術

32

気管切開術(単独で行ったもの)

2

医療設備

●手術用鼻内視鏡、鼻内デブリッダー ●耳、喉頭手術用顕微鏡 ●重心動揺計
●聴性脳幹反応 ●鼻咽喉観察・処置用電子内視鏡 ●頸部超音波断層検査