小児科

診療科の特色

「子どもは小さな大人ではない」と言われますが、病気に関してもまさにそうです。小児には小児特有の症状や疾患があるため、当科では常勤小児科専門医4名と専門医を志す若い医師が、小児疾患全般の診療にあたっています。

外来診療は平日(月~金)のみですが、受付終了後も19:45まで小児科当番医による救急外来での時間外診察が可能です。また、土曜・日曜(祝日を除く)の8:30~13:00も当番医が院内待機をしていますので、時間外診察や緊急入院が必要な場合は小児科医が対応いたします。受診を希望される際には必ず事前にお電話をください。

診療内容は、感染症を中心に急性疾患が大部分を占めますが、アレルギー疾患をはじめとする慢性疾患や心身症、発達相談などは午後の予約外来でフォローをしています。小児血液腫瘍部門ではJACLS(Japan Association of Childhood Leukemia study)協力施設の1つとして、大学病院と連携しているのも特徴のひとつです。長期入院が必要な小中学生は、京都市立鳴滝支援学校から訪問教育を受けながら入院生活を送ることもできます。

規模は大きくありませんが、医師相互やメディカルスタッフとのチームワークを大切にし、また近隣の医療機関のご協力を仰いで、地域の子どもたちの心身の健康に貢献したいと考えています。

 

診療内容

 呼吸器疾患

 消化器疾患

 血液疾患・悪性腫瘍

 免疫・アレルギー疾患

 神経系疾患

 内分泌疾患・膠原病腎疾患

 

教育認定・学会等認定施設

日本小児科学会
小児科専門医研修施設
日本血液学会
研修認定施設

スタッフ

医師名 役職 担当・専門分野 資格など
澤田 眞智子
  • 部長
  • 小児内科全般
  • 血液
  • 日本小児科学会専門医
田村 宏美
  • 医長
  • 小児内科全般
  • 低身長
  • 日本小児科学会専門医
吉岡 耕平
  • 副医長
  • 小児内科全般
  • 免疫・アレルギー
  • 日本小児科学会専門医
  • 日本小児科学会認定小児科指導医
  • AHA-PALS(小児二次救命処置法)プロバイダー
  • 新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
  • リウマチ専門医
  • 日本アレルギー学会アレルギー専門医
若園 吉裕
  • 院長
  • 小児内科全般
  • 血液悪性腫瘍
  • アレルギー
  • 日本小児科学会専門医
  • 日本血液学会専門医
  • 京都大学臨床教授
柴田 実千代
  • 非常勤医
  • 小児神経
  • 日本小児科学会専門医
名取 千恵子
  • 非常勤医
  • 小児神経
  • 思春期
  • こころ

症例

年間小児入院患者数/約400人 年間出生新生児/約300人

呼吸器や消化器を中心とした感染症が入院の大半を占めます。
その他、稀少疾患も診断しフォローアップしています。
血液疾患では急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、悪性リンパ腫、MDS、再生不良性貧血、血友病や他の稀な血液疾患および神経芽腫、奇形腫などの治療およびフォローアップをおこなっています。

 

医療設備

造血幹細胞移植可能な無菌室および感染症(水痘・麻疹)に対する陰圧個室を備えています。
病棟にはプレイルームがあり、院内には臨床心理士が活動しています。
長期入院児に対しては、鳴滝養護学校からの訪問学習が可能です。